もう3月とか

なんて言うか、


もう

3月なんですよね。。。


ちょっと愚痴るというか、文句の一つも言いたい訳でして。
充実感が無い割に、ミッションの重さは非常に重い。という状態が続きすぎている気がします。
モチベーションと充実感ってのは密接な関係にあるのは当たり前だと思うのですが、

ストレスとモチベーションって意味で言えば、
・ノーストレス→充実感が無い→モチベーションも無い
・ストレス過多→モチベーション低下
とどちらも駄目な状態に変わりなく。


で、もう3月な訳で、4月は新年度な訳で。。。


拾ってくれるとこ、ないかなぁ。。。
とか妄想しちゃうんですが。

ね。

今年

年々忙しくなる一方なんだけど、
今年休み無いんだよねぇ。
年度明けても休み減る一方だと思うし。。。

休日って言ってもストレートに休める気配も無いし。

真っ当に休めるお休みが欲しいです。

たんなる希望と愚痴でしかありませんが。

んでもって、また数ヶ月

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

ブログ更新しなくなったねぇという感じですが。

それだけ酷い状況が続いてるって事で。。。


デスマではありませんが、自分の時間がほとんど取れていません。

今年ががんばり時?とか思ったりしますが、
実は来年って気もしてて
戦々恐々っつーかんじであったりもしてます。

結果が出て、落ち着くのが1月。

1月には残務に追われる気もするし。。。

ま、そういうことです。

約半年

さすがに半年もまったく何も書かなかったってのはなかったかも。。。

単にブログ書いて居られるほどに、お気楽な時間がなかったって話であります。

日々、いろいろあったりする訳ですが、

それにしても全く書けないとか、ゆとりがないとか、

そんなのがずっと続くような状態って果たしてどんなもんでしょうか。

xargsのオプション

コマンドの実行結果から、他のコマンドを実行したいというのはUnix / Linux系のOSでは良くあることだと思います。

そんなときパイプを使ったり、xargsを使ったりして処理すると思うのですが、例えばディレクトリ内の30日以上経過したファイルを一括で消したいという時には

find . -mtime +30 -print | xargs rm

とか

find . -mtime +30 -exec rm {}¥;

とかして、実施すると思います。でも、例えば対象ファイルをgzip圧縮したいという場合だと、上記の方法をそのまま

find . -mtime +30 -print | xargs gzip

とか

find . -mtime +30 -exec gzip {}¥;

のように実行してしまうと、1ファイル毎に圧縮するので圧縮するためのプロセスが1つしか同時に起動していないので、最近のマルチコアのCPUを使っても処理速度が遅かったりします。こういう場合にxargsのオプションを使うと同時に複数のgzipを起動出来る事が判りました。xargsのオプションに-Pというのがあって、コマンドを同時に複数発行してくれる。manを読むとParallel mode: run at most maxprocs invocations of utility at once.とか書いてあって、目から鱗です。

例えば、上の例だと

find . -mtime +30 | xargs -P 4 gzip

と実行すると、あら不思議。同時にgzipが4つ起動するじゃありませんか。その時gzip毎に別のプロセスが起動するので当然のことながら、CPUの別のコアを使って処理されたりします。


ちょっとだけ速く処理できるという事で、便利、便利。


任天堂 岩田社長の守りたいもの

日経のWebに夢中と依存の狭間 任天堂・岩田社長が守りたいもの「3DS」「Wii U」の逆襲(後編)という記事が掲載されていました。

岩田社長はWiiを発売した頃、よく社内で「ニコニコの連鎖」の話をしていた。
「ゲームが面白いというニコニコ、親子の会話が増えたというニコニコ、おじいちゃんが歳をとっても明朗快活でいられるというニコニコ、何で もいいからお客さんが笑顔でいられることを目指そう。やりがいで社員もニコニコできるし、業績が上がれば投資家もニコニコする。その連鎖がうまく回れば任天堂は持続可能な組織となり、社会に対しても責任を果たしていけるよね」と。
軽く言ってますが、内容が凄いと思います。
任天堂も営利目的の企業である以上綺麗事は言っていられなくて、利潤を追求する事が一番の目的です。その利益を追求する目線から持続可能な組織になる→業績を上げる→社会への責任を果たす→社員、お客様の・・・と発想のスタート地点がニコニコという言葉に集約されています。
企業の長である社長という立場は当然こういう考え方が判った上で利益の追求を目指すのが理想だとは思いますが、、、最近はそうでも無い話が多くて。


ここ数ヶ月でBotからのHTTPアクセス数が異様に多くなってきました。

これまでもSSHのポートを空けていたら、中国、韓国、ロシア、カナダなどから不正なアクセスが多くてFirewallにチマチマIPアドレスでブロックを追加していたのですが、HTTPのアクセスも多くなってきたので根本的に対処したくなってきました。

世界の国別 IPv4 アドレス割り当てリストで公開されていた、国別のIPアドレスリストから上位2国のIPアドレスを抜き出して、膨大な数のIPアドレス(3409個)をiptablesでrejectする設定を入れました。。。

chinaandkorea.jpg

あまりにも数が多いので正直、動くかが心配でしたがやむを得ないかなと。

Lightning

iPhone5を買って一番困ったのが、充電。っつーか、コネクタ

これまでのDockコネクタからLightningコネクタに変更になっているため、これまで使ってきたDockコネクタのオプションはすべて使えません。

アナログのオーディオ(Line In / Line Out)やらビデオ(コンポジット / S端子)があったり、今は使われなくなったシリアル/Firewireも残っていたりしてかなりレガシーな仕様だったのでどこかで刷新する必要は有ったのだと思いますが、変換コネクタも高いし、そもそもDockスピーカ等の乗せるタイプのオプション製品は全滅です。

で、一番困ったのが充電です。

他はBluetoothとかで何とかなるのですが、充電はそうはいかないので。

バッテリーなどもDockコネクタとmicroUSBコネクタの製品ならばコンビニで普通に買えるので便利な訳ですが、Lightningの場合はケーブルに認証チップが入っていないと動作しない仕様になっているようで、これまでのようにサードパーティ製の安価なオプションを作ることは難しいようです。(クローンの認証チップが搭載された安価な製品が)出てきたとしてもiOSのバージョンアップなどで対策されてしまう可能性もあって、非常に危険ですし。

LightningToUsbCable.jpg

という事で、買いました。
Apple純正のLightning to USB Cable - MD818ZM/A (¥1,880)
ちなみに長さ1m。

サードパーティ製品のリール付きとか、極端に短いケーブルとか、そういうのが沢山あって自由に選べないので、ケーブルも堅めだし中途半端に長くて邪魔な、ちょっと使い勝手の悪い純正ケーブルで我慢するという訳です。
幸いにも手持ちのバッテリ関係はUSB出力端子があったので何とかなったのですが。。。
過渡期というか、iPad2とiPhone5をどっちも使っているので、しばらくの間はオプション買うときにはDockとLightningどっちも準備しなきゃならないのだろうなぁ。

Lightningコネクタそのものは差し込む向きがどっちでも動くようになっていたり悪くは無いのですが、microUSBのように普及しているわけでは無いので、この先どうなるかがちょっと不安ですね。欧州では携帯電話の充電がMicroUSBで行えなければならないルールもあったりしまうので、次の次くらいの世代ではあっさりMicroUSBになってしまうのかも知れませんが。


iPhone5

iPhone5買いました。
AUです。

当たり前ですがiOS端末なので、iPodとそれほど違いはありません。
強いて言えば、RAM(メモリ)が多い、CPUが速い。あとは3GなりLTEが使える部分が強みです。
何処でも無線を使える事こそiPhoneの最大のメリットです。

で、iPodに不満があるかというと、本質的には不満は無いです。
根本的にiOSがハードウェアに最適化されて搭載されていることがメリットな訳で。
それは付加価値ではなく本質的な部分での良さに繋がっているのかなぁと。
Androidと比較してしまうと雲泥の差というか、ソフトウェアが最適化されている強みがあるので快適そのものです。
色々と細かい部分ではAndroidというか、Androidが動作しているスマホと比較すると色々と劣っているのですが、ブラウザの快適さなどの使い勝手はハードのスペックでは語れない部分でしょう。
本来はAndroidもハードウェアベンダーが細かい部分に手を入れて、完成度を高めたのであればiPhone(というかiOSデバイス)と互角以上に戦う事が出来るOSだと思うのですが、現状はiOSを触ってしまうとAndroidの悪いところにしか目がいきません。
アップルの垂直統合が生きている部分ではないかと思っています。


アップルもウルサイオヤジ(故・ジョブズ氏)が居なくなってしまったので、今後どうなるかは見物ではあります。


Wozはどう見るのかなぁ。今のMacとiOSを。そして今後のMacとiOSを。