Ubuntu 12.04 LTS

ubuntu.jpg

Ubuntu 12.04 LTSの日本語Remixが5月3日(木)にリリースされてました。ダウンロードページにリンク張っときます

5月のGW前後でリリースされたので、タイミング的には例年通りです。

内容は色々と変わっているのですが、今回気になっているのがサポート期間です。
10.04 LTSの時まではデスクトップ版が3年、サーバ版が5年だったのですが、12.04 LTSではどちらも5年間のサポートになっています。※リリース時期とサポート期間を参照(2017年の4月までと書かれている)

オリジナルがリリースされたときはあえてパスして、日本語Remix待ちをしていたのですが、そちらがリリースされたのでX100eにはアップデートマネージャからアップデートしました。(元々日本語Remixからインストールして、都度アップデートしてきたものです)

正直UbuntuもUnity化されてから非常に重たくなってきたので、Unity→Ubuntu Classic(素のGNOME環境に近いもの)に切り替えて使って居ます。それでもX100eでは何をやっても遅いのは仕方無いのでしょうけど。それでもプリインストールされているWindows7Home環境ではブラウザすらまともに使えないので、まだマシという言い方も出来るのですが。